地方から上京する女子が東京でサバイブしていく方法すべて教えます~憧れのTokyo・夢を叶えるために~

東京に出るためには、大学、専門学校、社会人どれがいい?

地方から東京に出る時には、あらかじめ目的を持った上で上京したい! と考える女性も少なくありません。ここでは、大学、専門学校、社会人それぞれの立場で東京に上京する・した時のメリット・デメリットについて紹介しています。進路に迷っている女性にも、ぜひ読んでいただきたい記事です。

大学生として、地方から上京するメリット・デメリット

地方から東京の大学に進学するために上京する場合のメリットは、豊富な種類の大学を選べる事です。地方の大学では、大学そのものの種類が少ないため、自分の学びたい学部や学科を制限しなければいけない事もあります。けれども、東京なら、豊富な学部・学科を併設した多くの大学が国公立も私立もありますので、自分の学力さえあれば、好きな学科や学部を選んで進学できます。

進学後も、東京の大学なら新卒採用を行っている企業も勤務地が東京の場合が多いため、そのまま東京に残って就職をする時にも働きやすいです。地方の大学から東京の企業を目指すライバルに一歩勝っている状態で新卒の就職活動ができる所も大きなメリットです。

デメリットは、学費に加えて、仕送りや月々の家賃など親の負担が増える事です。地方の大学に進学し、自宅から通学すればかからなかった分の費用がかかる事になりますので、場合によっては奨学金を借りる、自分でアルバイトをして一部の学費や家賃を稼ぐといった必要も出てきます。その結果、アルバイトと学業の両立が大変になることもあり、自宅から通っている他の学生と自分を比べて、境遇に辛さを感じてしまう事もあります。

専門学校生として、地方から東京に上京するメリット・デメリット

地方から専門学校生として上京する時のメリットは、資格取得を目指しながら勉強ができることです。東京は専門学校の種類も豊富にありますので、看護師や救急救命士などの医療系専門学校はもちろん、IT系専門学校、エアライン系専門学校など豊富にあります。また、アニメーターや声優を目指す、アニメーション系の専門学校に通うために上京する専門学校生もいます。東京に上京して専門学校を選べば、より自分の夢をかなえる近道となる学校選びもできます。

また、東京の専門学校には、特待生や奨学生制度を採用している学校も多いです。専門学校と提携している新聞販売店やホテルで働きながら専門学校で勉強すると、その働いた分を学費にあてる事ができる制度です。また、新聞販売店やホテルには、寮を用意している所も多いので、安い家賃で住めるメリットもあります。

デメリットは、選んだ専門学校の種類によっては最終学歴が高卒となってしまう事です。専門学校という名前がついていても、学校法人の認可が下りていない場合には、専門学校という区分ではないので、卒業しても最終学歴は高卒です。自分が行きたい専門学校は、わざわざ東京に行ってまで通学する価値があるのか、という事を考えてから学校を選びましょう。

社会人として、地方から上京するメリット・デメリット

東京の企業に就職し、社会人として上京するメリットは、給料水準が高くなることです。東京の最低時給は全国でもトップクラスで、社会人として働く場合ももちろん東京の企業に就職すれば、その分年収は高くなります。

東京の年収は高い分、家賃や物価も高めです。けれども、社会人なら住宅手当などがつく場合があります。また、都心へのアクセスも良く家賃も安い都下や近隣の地方都市を住まいにすれば、想像よりも家賃は抑えられます。

デメリットは、就職活動そのものが大変という事です。東京の企業の面接や採用試験を受けるために、都度地方から上京しなければいけないので、その時のホテル代や交通費が高額になります。しかも、東京の企業に絞って就職活動をし、運悪く全滅した時にはそれらの費用が無駄になってしまいます。

まとめ

色々な立場から状況を目指す時には、それぞれにメリット・デメリットがあることが分かりました。それを踏まえて、自分の進路を決めてみましょう。