地方から上京する女子が東京でサバイブしていく方法すべて教えます~憧れのTokyo・夢を叶えるために~

高収入バイトの代表格-ガールズバー、キャバクラのシステム

上京を目指す、もしくは上京後の副業として高収入のお仕事を探す時、インターネットで検索すると一番に出てくるのが「風俗店」の文言。高収入を得たいものの、いきなり風俗店で働くのは抵抗のある女性も少なくありません。そんな上京女性が目指す高収入のお仕事が、ガールズバーやキャバクラです。これらのお店のシステムについて見てみましょう。

ガールズバーとはどんなお店?

ガールズバーとは、女性が男性の隣などで接客は行わず、基本的にはカウンター越しに接客を行うお店です。指名制は採用しているお店もあれば、採用していないお店もあります。

お客さんとお酒を飲みながらお話をするのが基本です。カウンター越しですので、お客さんに触られる事もほぼありません。システムとしては、1時間や30分毎のチャージ制を採用している所もあれば、ワンドリンクと接客する女性のドリンク制を採用している所まで、柔軟なシステムとなっています。

ガールズバーは、完全時給制であるお店がほとんどです。つまり、出勤した分だけそのままお給料が貰えます。時給もアルバイトの中では高額となっていますので、高収入アルバイトの入り口としても利用する人が多いです。ただし、自分の事を気に入ってくれたお客さんが常連になっても、自分にドリンクやフードをおごってくれても、一切自分のバックとしては入らない場合が多いです。

また、カウンター越しの接客になるので、勤務時間中はずっと立ちっぱなしである事も多くなります。ガールズバーによっては、ハイヒールなど立っているのがつらいコスチュームを着ながら勤務する事もありますので、体力に自信がなければできません。そして、お酒を一緒に楽しむのがコンセプトですので、お酒が飲めなければいけません。

キャバクラのシステムとは? どんな女性が合っている?

キャバクラは、キャバレークラブの略です。元々は、値段の高いクラブに変わる安い料金で楽しめる、キャバレーのようなショーとクラブのような接客が楽しめるお店として発展したため、現在でもキャバクラの名称が残っています。

キャバクラは、女性が男性客の隣に座って、一緒にお酒や会話を楽しむお店です。お気に入りの女性と恋人気分を楽しみたい時から、良い事があったので大勢で盛り上がりたい時まで、色々な用途で利用できるお店です。また、キャバクラでは働く女性の事をキャストと呼びます。

キャバクラのシステムとしては、指名制が採用されています。常連のお客さんなら、指名するキャストが決まっていて、毎回お店に来るたびに同じキャストを指名し、指名されたキャストは基本的に同じお客さんにずっと付きます。その時に指名料が発生し、一時間もしくは30分毎にチャージが発生し、チャージ料金と指名料がかかります。チャージ時間ごとにテーブルにボーイが確認するお店もあれば、自動延長のお店もあります。

常連でも指名をしないお客さんや、新規のお客さんはフリーとして入店します。指名料は発生しませんがチャージ料は発生します。30分毎ごとにキャストがつき、もしも気に入ったキャストにずっと席にいて欲しいと思った時には場内指名をします。場内指名には料金もかかりますし、キャストにバックも入ります。また、指名しているキャストが欠勤の時にそのキャストと仲の良い他のキャストを指名する時、もしくは指名キャストと一緒に別のキャストを指名する時にも場内指名が使われます。

キャバクラは、時給制で働いた分だけ時給でお金が貰えるだけでなく、指名料やドリンクや同伴のバックなども入ります。自分を指名してくれるお客さんがいればいるほど稼げますが、その分営業時間外のメールや電話、お店が終わった後のアフターや店外デートなど、営業時間外の営業活動も多く、顧客管理が大変というデメリットもあります。

まとめ

お酒とおしゃべりが好きな方には最適なガールズバーとキャバクラのお仕事も、高収入が得られるお仕事です。メリット・デメリットを理解した上で、自分が働きやすい求人選びをしてみましょう。