地方から上京する女子が東京でサバイブしていく方法すべて教えます~憧れのTokyo・夢を叶えるために~

東京はとにかくお金がかかる! どうやったら節約できるか? 究極の節約術

いよいよ憧れの東京ライフが始まりました! けれども、地方から東京に出てきて一人暮らしをする女性は、ほぼ全員月々のお金のことで悩みます。とはいえ、生活にはお金が必要!
ここでは、上京してきた女性のための、東京での節約術についてお話します。

洋服は必ずしも新品・ブランド品である必要はない!

学生さんでも、社会人の方でも、お金はなくてもできれば日々のファッションは楽しみたいですよね。特に東京は魅力的なファッションブランドのショップもたくさんあります。買い物に行くとついつい新しい洋服を買ってしまい、月末ピンチに……! となってしまう事も珍しくありません。

洋服は、必ずしも新品である必要はありません。インターネットのオークションやフリマサイト、街のリサイクルショップを利用すれば、状態も良くて可愛い洋服が格安価格で手に入ります。東京には、古着専門のリサイクルショップもたくさんあり、一点物の洋服もたくさん売っています。上手に利用すれば、安くて自分だけのオシャレを楽しむ事もできます。

仕事や就職活動で使用するオーソドックスな白いシャツなどは、ファストファッションブランドを利用するのも有効です。ファストファッションブランドは、東京なら実店舗もたくさんありますし、インターネット通販も利用できます。

自炊を無理にせず、学食や社食、スーパーを有効活用しよう

毎日コンビニやお弁当屋さんに頼ると、食費も気が付かない内に高額となってしまいます。とはいえ、毎日自炊しようと思って食材を買い込むと、今度は食材を消費できずに腐らせてしまう、少量だけ購入するとそれだけ割高になるなどのデメリットがあります。お弁当や食事は、実は一人分だけ作ろうとするとそれだけ食材が割高になってしまいます。また、毎日の忙しい生活に追われて、自炊する気力も時間もない事もあります。

自炊は無理にせず、学食や社食があれば有効活用しましょう。安くて栄養バランスの取れた食事が食べられます。できたら、夕食も学食や社食で済ませてしまうと良いでしょう。

自炊はしなくても、コンビニで物を買うと割高になってしまいます。食材を購入する時にはできるだけスーパーを利用しましょう。閉店間際のお惣菜やパンの割引を狙うのも、食品お節約になります。

物を貯めずに、不要になったら処分する

着なくなった洋服や、使わなくなったかばんなどがあれば、しまっておくままにしないで手放しましょう。その時にも、オークションやフリマサイトを利用すると、ただ捨てるよりも売って処分できます。物によっては思わぬ高額がつくこともあります。オークションやフリマの場合、お金のやり取りや梱包、発送などの手間がかかりますが、その分得られるお金も高くなります。

物を貯めないように生活していると、余計なものを買う習慣がつかなくなります。本当に生活に必要な物だけ買うようになりますので、衝動買いを抑える事もできます。

電化製品は電気代の事も考えて購入する

電化製品を購入する時には、できるだけ安く抑えたいと思って、リサイクルショップで古いタイプのものを購入する、という方もいますが、実はこれが思わぬ出費となってしまっています。

電化製品は、新しければ新しいほど性能も高いため、電気代の節約にもなります。古いタイプの電化製品は、初期費用は安く済みますが、その分電気代が高くなったり、性能が悪くて使いにくく、ストレスになってしまったりします。

まとめ

東京での一人暮らしはお金の心配もつきものですが、ちょっとした工夫で節約にも繋がり、最終的には貯金もできるようになります。この記事を参考にして、少しでも女性の節約に役立てて下さい。